株式会社四日市モータース商会

社史 Company history

社史

昭和5年 四日市諏訪新道(現在の四日市郵便局位置)の、丸善タクシーの建物内一部にて「四日市モータース商会」の屋号で自動車部品販売を始める。
当初商品一揃のための資金は、丸善タクシー4千円、当方1千円、計5千円であった。
昭和8年 ・豊田自動織機 自動車部(現トヨタ自動車)で第一号車発売
昭和9年 ・日産重工業(現日産自動車)にて第一号車発売
昭和10年 丸善タクシーの移転に伴い、同じ諏訪新道沿い(沖ノ島町)に移転。
昭和12年 丸善タクシーにより分離独立、諏訪栄町旧東海道沿いに移転(現在、平野屋呉服店位置)。
創業者  木田 耕吉 病没
2代目   木田 英世 継承 ・トヨタ自動車工業設立(現トヨタ自動車)
昭和15年 樺太(サハリン)に商品大量移出販売。
昭和18年 企業整備命令により廃業。
三重県自動車配給会社四日市部品配給所となる。
昭和20年 第二次世界大戦 四日市大空襲により全焼。
昭和21年 焼跡にて事業再開。 ・日本自動車会議所設立
昭和27年 国道1号線沿い諏訪町(現在はセブンイレブン店舗)に移転。 ・トヨタ自工BQ型四輪駆動トラック生産開始 ・プリンス自動車工業設立
昭和30年 ・通産省、国民車構想発表 ・自動車損害賠償保障法公布 ・ヤマハ発動機設立
昭和34年 伊勢市船江に「四日市モータース商会 伊勢支店」を開設。 ・トヨタ自工月産1万台達成 ・日産ダットサン・ブルーバードを発売
昭和45年 津市上弁財町に「四日市モータース商会 津支店」を開設。 ・トヨタ自工カリーナ・セリカ発売 ・アメリカ大気汚染防止法(マスキー法)成立
昭和47年 国道1号線全面駐車禁止。
店舗狭隘のため、泊山道路沿い日永5丁目に移転現在に至る。 ・トヨタ自工、生産累計1000万台達成 ・トヨタ自工月産20万台達成 ・初心者マーク取り付け義務制定(若葉マーク)
昭和54年 創業50周年。全従業員37名。年商6億円に達する。 ・トヨタ自工、田原工場操業開始
昭和60年 伊勢支店を新設 ・対米乗用車輸出自主規制年間230万台
平成2年 株式会社に組織変更。資本金1千万円。 ・トヨタエスティマ発売 ・三菱GとダイムラーベンツGが技術提携
平成6年 津市下弁財町に津支店を新築移転 ・対米乗用車輸出規制を廃止
平成13年 10月 3代目 代表取締役 木田 晴久継承
平成14年 2月 津市栗真中山町に「四日市モータース商会 栗真営業所」を開設。
平成15年 2代目 木田 英世病没。
平成16年 4月 松阪市松ヶ島町に「四日市モータース商会 松阪営業所」を開設。
創業75周年。
全従業員36名。年商11億3千万となる。
平成19年 4月 三重郡菰野町に「四日市モータース商会 いなべ営業所」を開設。
平成20年 ・リーマンショック
平成26年 ・消費税8%になる
平成27年 創業85周年。
10月 4代目代表取締役 木田 智晴継承
全従業員(パート含)41名
平成29年 年商14億円に達する。